震災、実名報道を議論 マスコミ倫理懇談会、盛岡で開幕

※写真クリックで拡大表示します
盛岡市で開幕した、マスコミ倫理懇談会の全国大会=29日午前
盛岡市で開幕した、マスコミ倫理懇談会の全国大会=29日午前

 新聞社や放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会の第64回全国大会が29日、盛岡市のホテルで始まった。メインテーマは「『コロナ』『戦争』『フェイク』『災害』 私たちは立ち向かっているか」。発生から11年が過ぎた東日本大震災や、起訴後の実名報道が可能となった18、19歳の「特定少年」を巡る報道の在り方などを、各社の編集責任者や記者らが議論する。

 開催地を代表して岩手日報の東根千万億社長は「(社会の)不確実性が強まるほど、確かな取材力に裏打ちされたメディアへの期待感は高まると確信している」とあいさつした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。