大谷、連続安打13試合に ジャッジ61号、ア記録並ぶ

※写真クリックで拡大表示します
アスレチックス戦の4回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
アスレチックス戦の4回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは28日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」で出場し、4打数1安打でメジャー自己最長の連続試合安打を13に伸ばした。チームは4―1で勝ち、3連勝。

 ヤンキースのジャッジがブルージェイズ戦で61号2ランを放ち、1961年のロジャー・マリス(ヤンキース)のア・リーグ記録に並んだ。ブルージェイズの菊池は九回に6番手で2/3回を投げ、無失点。試合はヤンキースが8―3で勝った。

 カブスの鈴木は4―2で勝ったフィリーズ戦で出番がなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。