食品値上げ、10月ピーク 高齢者の医療費負担2割に

※写真クリックで拡大表示します
10月から暮らし、こう変わる
10月から暮らし、こう変わる

 年度下半期に入る10月は食品の値上げがピークを迎える。物価高は外食や各種サービスにも波及し、暮らしには逆風の秋となりそうだ。一定の所得がある75歳以上の高齢者の医療費負担が2割に引き上げられ、家計の圧迫要因になる。資源価格の上昇を招いたウクライナ侵攻は長期化し、円安基調も続いており、物価が一服するかは見通せない。

 帝国データバンクによると、2022年に値上げを実施、または予定する食品約2万品目のうち、10月は6500品目の価格が引き上げられる。

 家庭用のビール類が約14年ぶりに値上げされるほか、缶酎ハイやウイスキーなど他の酒類の多くも価格が上がる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。