羽生さん「日中交流きっかけに」 国交50年祭典で

※写真クリックで拡大表示します
日中国交正常化から50周年関連の祭典で記念写真に納まる羽生結弦さん(中央)=29日午後、東京都新宿区
日中国交正常化から50周年関連の祭典で記念写真に納まる羽生結弦さん(中央)=29日午後、東京都新宿区

 日中国交正常化から50周年となった29日、東京都内で開かれた祭典にプロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが参加し「きょうは記念すべき日。(スケートを通じて)日中の理解と交流のきっかけになれたらと思う」と話した。羽生さんは今年2月の北京冬季五輪で「柚子」(ヨウヅ)の呼び名で親しまれ、熱烈なファンらが連日練習場に詰めかけるなど、両国で高い人気を誇る。

 羽生さんが東京オペラシティ(新宿区)の会場に現れると、観衆から大きな拍手が巻き起こった。北京五輪を振り返り「中国の方の親しみやすさと温かさに感動した」とあいさつした。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。