米、南太平洋に関与強化 対中で戦略、クアッド連携

 【ワシントン共同】バイデン米政権は29日、「太平洋パートナーシップ戦略」を発表した。南太平洋の島しょ国と、安全保障協力や外交的な関与を一層強化。南太平洋地域に特化した戦略策定は初めてで、軍事・経済両面で影響力を拡大する中国に対抗する狙いがある。日米豪印の協力枠組み「クアッド」や東南アジア諸国連合(ASEAN)との連携も促進する。

 首都ワシントンで28、29日開催の米・太平洋島しょ国首脳会議に合わせて戦略を発表。「バイデン大統領は太平洋島しょ国への関与を米外交の優先事項に引き上げる」と強調した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。