ソフトバンク、30日にも優勝 西武、3年ぶりCS進出

※写真クリックで拡大表示します
楽天に勝利し、タッチを交わす今宮(左から2人目)らソフトバンクナイン=楽天生命パーク
楽天に勝利し、タッチを交わす今宮(左から2人目)らソフトバンクナイン=楽天生命パーク

 パ・リーグは29日、首位ソフトバンクが4位楽天に5―4で勝ち、優勝へのマジックナンバーが一つ減って「2」となった。30日にソフトバンクが楽天に勝てば2位オリックスがロッテに引き分けるか負けで、ソフトバンクが引き分けてもオリックスが敗れれば、ソフトバンクの2年ぶり20度目(南海、ダイエー時代を含む)、1リーグ時代を含めると22度目の優勝が決まる。

 西武は今季3位が確定し、3年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出が決まった。既に首位ソフトバンクと2位オリックスが進出を決めており、出場する3チームが出そろった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。