英エリザベス女王の死因は老衰 96歳、死亡は午後3時10分

※写真クリックで拡大表示します
英国のエリザベス女王(ゲッティ=共同)
英国のエリザベス女王(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】8日に96歳で死去したエリザベス英女王の死因について、英北部スコットランドの行政当局が29日、死亡診断書を公開し、老衰だったと発表した。死亡時間は8日午後3時10分だった。

 英メディアによると、女王は滞在先のスコットランドにあるバルモラル城で、長男チャールズ国王と長女アン王女に見守られる中、息を引き取った。健康状態の懸念の連絡を受け女王の元に急いだ孫のウィリアム皇太子とヘンリー王子は死に目に立ち会えなかった。

 19日に首都ロンドンでの国葬を経て、女王のひつぎはロンドン郊外のウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂に埋葬された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。