三菱重工、電力4社と新型原子炉 30年代実用化、政策転換で加速

※写真クリックで拡大表示します
三菱重工業が大手電力4社と共同開発を目指す革新軽水炉のイメージ(三菱重工業提供)
三菱重工業が大手電力4社と共同開発を目指す革新軽水炉のイメージ(三菱重工業提供)

 三菱重工業は29日、関西電力など電力大手4社と協力して、安全性が高いとされる新型原子炉の開発を進めると発表した。新型は加圧水型軽水炉(PWR)で、自然災害やテロへの対策を強化し、2030年代の実用化を目指す。日立製作所なども新型原子炉の開発を進めていることが判明。岸田政権は8月、次世代型原発の建設を検討する方針を打ち出しており、産業界も開発を加速させる。

 三菱重工が協力するのは関西電力のほか、北海道電力、四国電力、九州電力。4社は既存の原発で三菱重工のPWRを採用している。新型は「革新軽水炉」と呼ばれ、政府は最優先で開発を進める方針を示している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。