市文化会館で18年、喫茶「想麻」閉店 生涯学習センターに移転

会員向け記事

 2005年から秋田市文化会館1階でランチタイムに営業してきた喫茶「想麻」も30日、最後の営業となった。11月からは近くの県生涯学習センター内に移転する予定だ。店主の須藤洋子さんは「会館での日々は名残惜しいけど、別の場所でも思いを込めて営業したい」と話す。

 近年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で会館の利用者が減少。店の利用者も減り「やめたい」と思うこともあったが、会館に用事がなくても店に足を運んでくれる客に励まされながら営業を続けてきたという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース