日本とイスラエル、食で競演 フードテック使い創作料理

※写真クリックで拡大表示します
イスラエル中部ロシュハアインで、「抹茶ボール」でコンテスト優勝を果たしたパティシエのロニット・ブランドさん=29日(共同)
イスラエル中部ロシュハアインで、「抹茶ボール」でコンテスト優勝を果たしたパティシエのロニット・ブランドさん=29日(共同)

 【ロシュハアイン共同】イスラエル中部ロシュハアインで29日、日本の食材とイスラエルのフードテック食材を組み合わせた創作料理のコンテストが開かれた。両国の国交樹立70年の記念イベントの一環。日本食材の普及を図り、イスラエルの先端技術を紹介する試みで、イスラエル人シェフやパティシエ5人がアイデアや腕を競った。

 フードテックは植物由来の原料で肉の味や食感を再現する「代替肉」のような、食料と先端技術の融合を指す造語。コンテストでは大豆などからつくる「代替卵」を使った茶巾ずしや、デーツ(ナツメヤシの実)を原料とするしょうゆ風の調味料を添えた刺し身などが出品された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。