コロナ新語、「黙食」会話へ浸透 文化庁、エアロゾルは定着せず?

※写真クリックで拡大表示します
文化庁などの入り口に掛かる看板=東京都千代田区霞が関
文化庁などの入り口に掛かる看板=東京都千代田区霞が関

 文化庁は30日、2021年度の国語に関する世論調査の結果を公表した。新型コロナウイルスに関連した言葉の「黙食」や「おうち時間」は、説明なしでそのまま使うのがいいと考える人が6割を超え、日常会話へ浸透している状況が浮かんだ。一方で「エアロゾル」「ブースター接種」などは、あまり定着していない結果だった。古くからある言葉では「姑息」を本来の「一時しのぎ」と違う意味で捉えていた人が7割以上いた。

 文化庁は「新型コロナで日常が一変し、対応する言葉も新しく生まれている。ただ外来語は意味が伝わりにくい傾向がある」と分析した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。