落語家の三遊亭円楽さんが死去 72歳、「笑点」などで人気

※写真クリックで拡大表示します
六代目円楽を襲名した三遊亭楽太郎さん=2010年3月、東京都内のホテル
六代目円楽を襲名した三遊亭楽太郎さん=2010年3月、東京都内のホテル

 テレビの演芸番組「笑点」などで人気の落語家三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名会泰通=あい・やすみち)さんが9月30日、肺がんのため死去した。72歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。

 1970年、五代目円楽さんに入門。楽太郎として活動し、77年には27歳で「笑点」の大喜利メンバーに。81年に真打ちに昇進した。2010年には六代目円楽を襲名した。

 18年に初期の肺がんを公表し、手術を受けた。19年には脳腫瘍の診断を受け、一時入院。今年1月25日には脳梗塞で入院していた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。