桂川が63で首位浮上 男子ゴルフ東海クラシック第2日

※写真クリックで拡大表示します
第2日、同組の中島啓太(左)とラウンドする桂川有人。通算11アンダーで首位=三好CC
第2日、同組の中島啓太(左)とラウンドする桂川有人。通算11アンダーで首位=三好CC

 バンテリン東海クラシック第2日(30日・愛知県三好CC=7300ヤード、パー71)23歳でツアー2勝目を狙う桂川有人が7位から1イーグル、6バーディー、ボギーなしの63をマークし、通算11アンダーの131で首位に立った。首位で出た岡田絃希は69で3打差の2位に後退した。

 ともに66を出した大西魁斗とアンソニー・クウェイル(オーストラリア)が通算7アンダーの3位につけた。池田勇太、河本力、稲森佑貴が6アンダーの5位。前日3位の中島啓太は71と伸ばせず4アンダーの11位。

 2オーバーまでの73選手が決勝ラウンドに進み、星野陸也は1打及ばず予選落ち。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。