内密出産、子の戸籍は首長職権で 国が初の指針、支援在り方課題

※写真クリックで拡大表示します
熊本市の慈恵病院=30日午後
熊本市の慈恵病院=30日午後

 病院以外に身元を明かさず出産する「内密出産」に関し、厚生労働、法務両省は30日、国として初の指針を示し、子どもを要保護児童とし、戸籍は市区町村が児童相談所から必要な情報提供を受け、首長の職権で作成できるとした。「最も尊重されるべき点は母子の生命・健康の確保」として関係機関に連携を求めており、支援の在り方が課題となる。

 独自に内密出産を導入し、国に制度化を求めていた熊本市の慈恵病院は指針公表を受け「内容を精査している」とした。大西一史・熊本市長は定例記者会見で「(指針策定で)新たな事案にも着実に対応できる」と評価した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。