北京五輪公式ショップが営業終了 マスコットグッズ販売

※写真クリックで拡大表示します
最終営業日を迎えた公式ショップの店頭に並ぶ「ビンドゥンドゥン」のぬいぐるみ=30日、北京(共同)
最終営業日を迎えた公式ショップの店頭に並ぶ「ビンドゥンドゥン」のぬいぐるみ=30日、北京(共同)

 【北京共同】中国国営通信の新華社によると、北京冬季五輪の大会マスコット「ビンドゥンドゥン」のグッズを販売する中国国内の公式ショップが30日、最終営業日を迎えた。これまでに売れたぬいぐるみは550万個を超えたという。インターネット通販は年末まで続ける。

 北京中心部の店舗には30日夕、駆け込みで多くの客が訪れた。在庫処分のため、1個買うと1個おまけが付けられた。

 ビンドゥンドゥンはパンダをモチーフにしたマスコットで2019年9月に発表された。今年2月4日に大会が始まると人気に火が付いて公式ショップには行列ができ、急きょ増産した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。