コンビニ、スーパーが灰皿撤去 受動喫煙「ゼロ」へ、県がキャンペーン

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田市のナイス山手台店では灰皿の撤去作業が行われた
秋田市のナイス山手台店では灰皿の撤去作業が行われた

 秋田県は1日、受動喫煙による健康被害を防ごうと、「あきた受動喫煙ゼロ推進キャンペーン」を始める。31日までの期間中、県内のコンビニやスーパー、ホームセンターなど約450店が協力し、店舗敷地内の灰皿を撤去するなどする。

 キャンペーンは、県民の喫煙率が全国的にみて高いことや、屋外喫煙による煙や臭いへの相談が県に寄せられていることから、初めて実施。期間中は参加店が喫煙所を閉鎖したり灰皿を撤去したりするほか、受動喫煙ゼロを呼びかけるポスターを掲示する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース