地方点描:20年[本荘支局]

会員向け記事

 20年前の2002年9月、旧岩城町(現在の由利本荘市)が全国の注目を浴びた。市町村合併の相手先を選ぶのに住民投票を選択、次代を担う若者の意見を反映させようと、投票権を18、19歳にも付与したためだ。

 18歳選挙権が実現したのは16年。それより10年以上も先んじた画期的な取り組みだった。「全国初となる未成年者が参加した住民投票」。高校公民科目の副読本は、投票と社会参画に関わるトピックとして冒頭で紹介している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース