亡き創設者をショーで追憶 パリコレで「イッセイミヤケ」

※写真クリックで拡大表示します
2023年春夏パリ・コレクションで開かれた「イッセイミヤケ」のショー=9月30日、パリ(AP=共同)
2023年春夏パリ・コレクションで開かれた「イッセイミヤケ」のショー=9月30日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】2023年春夏パリ・コレクションで9月30日、日本のブランド「イッセイミヤケ」がショーを開いた。8月に亡くなったブランド創設者の世界的デザイナー三宅一生さんを追憶し、カラフルで立体感際立つデザインを披露した。

 ショーの冒頭、会場のスクリーンに三宅さんの肖像写真が映し出され、拍手が湧き上がった。19年からブランドのデザイナーを務める近藤悟史さんとデザインチームは観客に配布したカードで「私たちが考えるデザインは好奇心に駆られ、幅広い探求に基づいて人生に喜びや希望をもたらすプロセスだ」と宣言。三宅さんの精神を受け継ぐ意思を鮮明にした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。