G7、対ロ追加制裁で対抗 外相「代償科す」と警告

 【ベルリン共同】先進7カ国(G7)外相は9月30日、共同声明を発表し、ロシアによるウクライナ東南部4州の併合宣言を認めず、追加制裁で対抗すると表明した。「ロシアと、同国内外でロシアを支援する個人や組織にさらなる経済的代償を科す」と警告した。

 共同声明は「併合と称するものや、銃口を突き付けて実施した偽の住民投票を決して認めない」と強調。ロシアがウクライナの主権や領土を侵し続けていることを「G7は団結して最も強い言葉で非難する」とした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。