高野山女人堂、ピンク色に 乳がん啓発でライトアップ

※写真クリックで拡大表示します
乳がん撲滅を願い、ピンク色にライトアップされた高野山真言宗総本山金剛峯寺の女人堂=1日夕、和歌山県高野町
乳がん撲滅を願い、ピンク色にライトアップされた高野山真言宗総本山金剛峯寺の女人堂=1日夕、和歌山県高野町

 乳がん撲滅を目指すピンクリボン運動の一環として、世界遺産・高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)の女人堂が1日夕、ピンク色にライトアップされた。10月は国際的な乳がん啓発月間で、1日はピンクリボンデー。運動に合わせた女人堂のライトアップは初めて。

 安産、子宝のお堂として多くの女性が訪れる女人堂が幻想的な色に染まると、参詣客は手を合わせた。大阪府富田林市から来た会社員内垣由香里さん(48)は「この色は高野山の厳かな雰囲気を感じさせます」と話した。

 高野山はかつて僧侶が修行に専念できるよう「女人禁制」となり、女性は参詣道入り口にある女人堂で参拝した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。