乗り合い型新交通サービス「モビ」 大館で実証運行始まる

会員向け記事

 10人乗りのワゴン車を活用した新たな地域交通サービス「mobi(モビ)」の実証運行が1日、秋田県大館市で始まった。誰でも使える乗り合い型で、来年2月末まで運行する予定。市はニーズのほか、バスやタクシーといった既存交通への影響などを分析し、本格運行につなげたい考えだ。


 モビの導入は、市民の移動量を増やし、地域の活性化を図るのが狙い。定額制、相乗り、人工知能(AI)による効率的なルート設定で運行する。

実証運行に使われるワゴン車=大館市の秋田犬の里・多目的広場

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース