ソフト山田「準備苦しくなった」 代表主将で「金」、引退理由語る

※写真クリックで拡大表示します
引退の記者会見にサプライズで登場したソフトボール女子の上野由岐子投手(左)から花束を贈られ、感極まる山田恵里外野手=2日午後、千葉県浦安市
引退の記者会見にサプライズで登場したソフトボール女子の上野由岐子投手(左)から花束を贈られ、感極まる山田恵里外野手=2日午後、千葉県浦安市

 2008年北京五輪、昨年の東京五輪でソフトボール日本代表主将として金メダルに輝き、今季限りで引退する山田恵里外野手(38)が2日、千葉県浦安市内で記者会見し「結果を出すために準備を積み重ねてきたが、準備をすることが苦しくなってきた」と決断理由を語った。

 冒頭では、ともにソフトボール界をけん引してきた上野由岐子投手から花束贈呈があり涙を流した。「同じ時代を過ごすことができたのは財産であり、一番の宝物」と感謝。「グラウンドでプレーしている姿を見てもらいたい。ソフトボール界の盛り上がりにつながってくれれば」と残りのシーズンへの思いを語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。