中嶋監督の快挙お祝い 故郷・北秋田市でファンらセレモニー

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
くす玉を割りパ・リーグ2連覇を祝う北秋田市の関係者
くす玉を割りパ・リーグ2連覇を祝う北秋田市の関係者

 プロ野球オリックスが2日にパ・リーグ2連覇を決め、中嶋聡監督(53)の古里北秋田市では3日、祝賀セレモニーが開かれた。会場の市民ふれあいプラザ・コムコムに後援会関係者やファンら計約40人が集まり、2年連続の快挙を祝うとともに悲願の日本一奪取を願った。

 市と中嶋聡後援会の主催。後援会長の津谷永光市長は「苦労を重ねてチームをまとめたと思う。悲願の日本一へ、古里北秋田の市民みんなで後押ししたい」とあいさつした。津谷市長と後援会関係者らがくす玉を割ると「祝中嶋オリク パ・リーグ連覇」と書かれた垂れ幕が現れ、出席者は万歳三唱で喜びを新たにした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース