村上、日本選手最多56号 64年の王抜き、単独2位

※写真クリックで拡大表示します
DeNA戦の7回、今季56号本塁打を放つヤクルトの村上宗隆。王貞治の55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した=3日、神宮球場
DeNA戦の7回、今季56号本塁打を放つヤクルトの村上宗隆。王貞治の55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した=3日、神宮球場

 プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が3日、神宮球場で行われたレギュラーシーズンの今季最終戦で56号本塁打を放ち、1964年に王貞治(巨人)がマークした55本を抜いて日本選手のシーズン最多を更新した。外国人選手を含めて歴代単独2位。

 55本塁打は王が58年前に当時のプロ野球記録として到達。2001年にローズ(近鉄)、02年はカブレラ(西武)が並んだが、13年のバレンティン(ヤクルト)まで誰も超えることができなかった。

 熊本・九州学院高からドラフト1位で18年に入団。2年目に新人王、4年目の昨季は初の本塁打王とセ・リーグ最優秀選手に輝いた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。