景況2期ぶり悪化、原材料高響く 日銀9月短観

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 日銀秋田支店が3日発表した9月の秋田県内企業短期経済観測調査(短観)は、県内企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が前回の6月調査から2ポイント悪化し、ゼロとなった。悪化は2期ぶり。製造業、非製造業ともに、資源高や円安による原材料コストの増加が収益の重しとなった。

 DIは調査対象の145社のうち、業況が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」の割合を引いた指数。回答期間は8月29日~9月30日で、全社が回答した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース