ウクライナ、併合の2州で反攻 ロシアは西部司令官を解任

※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ東部リマンの道を歩くウクライナ軍兵士=3日(AP=共同)
ウクライナ東部リマンの道を歩くウクライナ軍兵士=3日(AP=共同)

 【キーウ共同】米シンクタンク、戦争研究所は3日の戦況分析で、ロシアが併合を宣言したウクライナ東部・南部4州のうち、東部ドネツク州と南部ヘルソン州でウクライナ軍が、過去48時間で大きな戦果を挙げたと指摘した。ウクライナ軍は、ロシアの精鋭部隊を撃退し、東部ドネツク州要衝リマンからルガンスク州方向へ進軍。南部ヘルソン州の北部でも前進した。

 一方、ロシア紙RBK電子版は、モスクワを含むロシア欧州部を管轄する西部軍管区のジュラブリョフ司令官が解任されたと報道。西部軍管区は過去数カ月間、東部ハリコフ州で活動していたが、ジュラブリョフ氏は消息不明だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース