漫画家、かざま鋭二さんが死去 「風の大地」「ひかりの空」

※写真クリックで拡大表示します
漫画家のかざま鋭二氏(小学館提供)
漫画家のかざま鋭二氏(小学館提供)

 人気ゴルフ漫画「風の大地」などの作画を務めた漫画家のかざま鋭二(かざま・えいじ、本名近藤秀樹=こんどう・ひでき)さんが2日、膵臓がんのため東京都の自宅で死去した。75歳。東京都出身。葬儀は親族で行った。

 貸本漫画で活動後、1969年に一般漫画誌デビュー。小学館の「ビッグコミックオリジナル」で30年以上連載が続く、ゴルファーの活躍を描いた「風の大地」(坂田信弘さん原作)の作画を担当し、人気を集めた。この他の代表作に「ひかりの空」(同)、「青春山脈」(梶原一騎さん原作)など。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。