ロシア、4州の併合手続き完了へ ウクライナ、首脳交渉せず

※写真クリックで拡大表示します
4日、ウクライナ東部・南部の併合条約審議のため集まったロシア上院の議員ら=モスクワ(ロシア上院提供・ロイター=共同)
4日、ウクライナ東部・南部の併合条約審議のため集まったロシア上院の議員ら=モスクワ(ロシア上院提供・ロイター=共同)

 ロシア上院は4日、プーチン大統領が9月30日にウクライナ東部・南部4州の親ロシア派代表と結んだ併合条約の批准と関連法案を承認し、議会手続きを終えた。下院は3日に承認済みで、プーチン大統領が署名し成立。ロシアは占領地域で自国領としての行政確立を急ぎ、併合の既成事実化を図る。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は4日、ロシアのプーチン大統領との停戦に向けた交渉を「不可能」とする法令を公表。一方的な併合に対抗し、徹底抗戦する姿勢を改めて示した形だ。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。