日本、ベルギーに3―1で勝つ バレーボール女子世界選手権

※写真クリックで拡大表示します
2次リーグのベルギー戦で、得点し喜ぶ日本の選手たち=ロッテルダム(共同)
2次リーグのベルギー戦で、得点し喜ぶ日本の選手たち=ロッテルダム(共同)

 【ロッテルダム(オランダ)共同】バレーボールの女子世界選手権は4日、オランダのロッテルダムなどで2次リーグが始まり、E組の日本はベルギーに3―1で勝った。1次リーグの成績が持ち越されるため、日本は5勝1敗、ベルギーは4勝2敗となった。

 日本は第1セットを落としたが、第2セットは宮部藍(姫路)のサーブや石川(東レ)のアタックでリズムをつかんで25―20で取り返した。第3セットは25―16で奪い、第4セットは古賀(NEC)の攻撃が好調で25―22で連取した。

 2次リーグは8チームずつ2組に分かれ、各組上位4チームが準々決勝に進出する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。