時代を語る・武田英文(34)是々非々、議会の使命

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
県議在職15年で表彰(前列右)=平成26(2014)年
県議在職15年で表彰(前列右)=平成26(2014)年

 県議4期は、長かったようなそうでないような、結構やれたと思う半面、それほどでもないような、自己評価がなかなか定まらない16年間です。やはり評価とは、特に政治に携わった者にとっては、後の人々の目で長い時間をかけて下してもらうものなのかもしれません。

 日本は、国民が国会議員を選び、その議員が首相を指名します。この「議員内閣制」に対し、地方自治体は「二元代表制」といわれます。首長も議員も住民がそれぞれ選挙で直接選出。本来、首長と議会がバランスよく互いをチェック。いい緊張関係を保ちながらよりよい結果を導き出す仕組みとなっています。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース