「和牛の五輪」上位入賞狙う 県内農家ら、餌の与え方に工夫

有料会員向け記事

 和牛の品評会「全国和牛能力共進会(全共)」は、大きく「種牛の部」と「肉牛の部」に分かれる。

2頭を枝肉として出品する高橋さん=9月7日、湯沢市

 肉牛の部には5農家の7頭が出場する。このうち湯沢市の高橋満さん(64)は、今大会から新設された脂肪の質を評価する「7区」に1頭を出品。種牛・肉牛の両方で合計得点を競う「6区」にも、別の1頭を出す。こちらは総合力の高さが求められる全共の花形部門だ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:輝け県産牛 「和牛五輪」開幕直前

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース