メークで明るい印象に、心理的効果も 仙北市職員対象に講座

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ポーラ社員にメークをしてもらう市職員
ポーラ社員にメークをしてもらう市職員

 化粧品会社のポーラ(東京)と秋田県仙北市は市職員を対象に、化粧の心理的効果やメーク術などを知ってもらう講座を開催した。観光や福祉部門の職員9人が相手に好印象を与えるメークの秘訣(ひけつ)を学んだ。

 ポーラと市は2018年に健康・美のためのヘルスケアに関する連携協定を締結。角館高校での新社会人向けメークアップ講座などを行ってきた。今回の講座も協定に基づく取り組みの一環。市民や観光客に応対する機会の多い職員がメーク術を学んで接しやすい印象を与えることや、今後の市民向け講座の企画などにつなげる狙いがある。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース