ロレッタ・リンさん死去 米カントリー歌手

※写真クリックで拡大表示します
ホワイトハウス内で当時のオバマ米大統領から文民最高位の勲章である「大統領自由勲章」を授与されるロレッタ・リンさん=2013年11月20日、ワシントン(ロイター=共同)
ホワイトハウス内で当時のオバマ米大統領から文民最高位の勲章である「大統領自由勲章」を授与されるロレッタ・リンさん=2013年11月20日、ワシントン(ロイター=共同)

 ロレッタ・リンさん(米カントリー歌手)米メディアによると4日、南部テネシー州の自宅で死去、90歳。死因は明らかになっていない。

 32年、南部ケンタッキー州生まれ。60年代から本格的に歌手として活動、夫の浮気や離婚といったテーマも率直に歌い、保守色が強かったカントリー音楽界に新風を吹き込んだ。「コール・マイナーズ・ドーター」などヒット曲を量産し、88年にはカントリー音楽の殿堂入りも果たした。(ニューヨーク共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。