「長距離」根拠は分析中 米発表、日本と食い違い

 【ワシントン共同】米国防総省のライダー報道官は4日の記者会見で、日本上空を通過した北朝鮮の弾道ミサイルをホワイトハウスが「長距離」と発表した根拠に関し「まだ分析中だ」として明言を避けた。日本政府は、中距離弾道ミサイル以上の射程を持つと推定されるとしており、相違が生じている。

 北朝鮮は4日、弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、青森県上空を通過し、推定飛行距離は約4600キロ。北朝鮮ミサイルとしては過去最長だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。