警視庁がゲームを配信 遊べば防犯知識身につく

※写真クリックで拡大表示します
警視庁がインターネットで配信を始めたシミュレーションゲーム「未来へのメソッド」(警視庁提供)
警視庁がインターネットで配信を始めたシミュレーションゲーム「未来へのメソッド」(警視庁提供)

 警視庁は5日、スマートフォンやタブレット端末で遊びながら気軽に防犯の知識を学べるシミュレーションゲーム「未来へのメソッド」の配信をインターネットサイトで始めた。若い世代の防犯意識の向上を図る狙いがある。

 警視庁生活安全総務課によると、プレーヤーは小学生や中高生、成人の男女別に主人公を選び「自転車泥棒」や「痴漢」などの身近な犯罪をテーマにストーリーを進める。犯罪に遭った後に過去に戻り、自転車をロック式の駐輪場に止めるなどの必要な対策を取って被害を回避する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。