トランプ派候補「炎上」 反対なのに中絶させる?

※写真クリックで拡大表示します
集会で話すハーシェル・ウォーカー氏=5月23日、米南部ジョージア州(AP=共同)
集会で話すハーシェル・ウォーカー氏=5月23日、米南部ジョージア州(AP=共同)

 【ワシントン共同】11月の米中間選挙で接戦になっている南部ジョージア州の連邦上院選で、トランプ前大統領派の共和党候補が、人工妊娠中絶を認めない立場にもかかわらず、かつて交際相手の女性に中絶をさせた疑惑で「炎上」している。中絶は中間選挙の主要争点の一つで、最高裁は6月、憲法上の権利を否定した。民主党は敵失を利用して攻勢を強める構えだ。

 ジョージア州は保守層が厚く、共和党の牙城とされてきたが、都市部で民主党支持者が増加。2020年大統領選ではトランプ氏が僅差で敗北した。民主党の現職と、トランプ氏が支持するハーシェル・ウォーカー氏が激しい選挙戦を展開している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。