発見の遺体は7歳前後、溺死か 松戸市の不明女児と関連を捜査

※写真クリックで拡大表示します
遺体が見つかった千葉県市川市の江戸川の現場周辺=5日午後
遺体が見つかった千葉県市川市の江戸川の現場周辺=5日午後

 千葉県警は5日、千葉県市川市の川で4日午後に見つかった子どもとみられる遺体を司法解剖した結果、7歳前後と推定され、溺死の可能性があると発表した。身長や服装が自宅を出たまま行方不明の松戸市の小学1年、南朝芽さん(7)の外出時の身なりと似ており、DNA型鑑定などで身元の特定を進める。また、県警は発見場所を江戸川から分岐する旧江戸川に訂正した。

 県警によると、遺体は身長約117センチで、目立った外傷はなく、死後1~2週間程度が経過していた。ノースリーブのTシャツと紺色の7分丈ズボン姿で、靴は履いていなかった。

 県警は5日も100人超の態勢で捜索を継続した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。