土崎空襲題材の紙芝居、モデルの女性も耳傾ける 男鹿で披露

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
紙芝居「しずちゃんが見た戦争」を朗読する渡部さん
紙芝居「しずちゃんが見た戦争」を朗読する渡部さん

 終戦前夜の土崎空襲を題材にした紙芝居「しずちゃんが見た戦争」の読み聞かせが2日、男鹿市の男鹿市民ふれあいプラザ「ハートピア」で開かれた。作品の主人公「しずちゃん」のモデルとなった高橋静さん(90)=男鹿市船川港=も参加して耳を傾け、平和への思いを新たにしていた。

 作品は高橋さんが高等女学校1年生(現在の中学1年生)の時に体験した出来事を基に、元小学校教諭の渡部恵子さん(64)=男鹿市船越=が制作した。

 読み手を務めた渡部さんは、しずちゃんが大きな爆撃音で目を覚まし、必死で遠くの神社まで逃げてやぶに身を隠して朝を待つ様子を情感豊かに朗読。最前列で参加した高橋さんはハンカチで目元を抑えながら最後まで耳を傾けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース