ブラウ選手が日頃の応援に感謝 11月に5市でキャラバン

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
贈呈式に参加した岩渕社長(中央)と、稲葉主将(右)、千田選手
贈呈式に参加した岩渕社長(中央)と、稲葉主将(右)、千田選手

 サッカーJ2のブラウブリッツ秋田は、シーズン終了後の11月に「ホームタウンサンクスキャラバン」と題した地域訪問活動を行う。ホームタウンの県内5市を選手が訪れ、サッカー教室や商店街での一日店長などを実施する。協賛企業が5日、記念グッズをブラウブリッツに贈った。グッズは選手がキャラバンで配る。

 ホームタウンは秋田、由利本荘、にかほ、男鹿、潟上各市。今季のJ2は、ワールドカップが11月に開幕することから、例年より1カ月ほど早い今月下旬に終了する。このため、11月にキャラバンを集中開催することにした。詳細は随時、クラブのホームページに掲載する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース