ブラウ小柳「守備は相手ありき」 声かけ続け組織力に磨き

有料会員向け記事

 堅守を武器とするサッカーJ2のブラウブリッツ秋田が、今季も組織的な守備に磨きをかけている。要は、最終ラインから声をかけ続け、チームをリードするDF小柳達司(32)。J2のクラブを長年渡り歩いた末、今季仲間入りしたベテランだ。上位陣との試合が続く最終盤、勝利の上積みに向け、存在感を増している。

自身の性格は「おせっかい」


 自身の性格を「おせっかい」と表現する。他の選手と守備のイメージを共有できるよう、声かけを重視する。「守備は相手ありき。どれだけ素早く修正できるかが重要。最近は相手の立ち位置を伝えると、仲間がすぐに動いてくれる」と手応えを感じている。

守備の要として存在感を示す小柳。積み上げた経験が生きている


 昨季J2に昇格した秋田の強みを、相手に食らい付いたり体を張ったり、とにかく「頑張れる」選手がそろっていると分析する。その強みに、これまで以上に頭を使った戦い方を付け加えようと、チームメートと意見を交わす。どこまで相手に付いていくか、どこで仲間にマークを受け渡すか…。組織的な守備の質が高まれば、選手の頑張りと合わせ、もう一段階上の強さを手に入れられると考える。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース