大雨被害復旧費など195億円、補正予算可決 秋田県議会

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 9月秋田県議会は最終日の6日、本会議を開き、8月の大雨被害からの復旧費などを盛り込んだ2022年度一般会計補正予算案や、県職員の定年を65歳まで段階的に引き上げる条例改正案など38件を可決、認定し、土地利用審査会委員任命案1件に同意した。

 補正予算は総額195億5598万円。大雨で被害を受けた土木、農業用施設の復旧に85億6814万円、秋田内陸縦貫鉄道の復旧事業に対する補助経費に9370万円を計上した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース