香港の評論家、李怡氏死去 民主派、中国体制批判も

※写真クリックで拡大表示します
李怡氏(台湾・中央通信社=共同)
李怡氏(台湾・中央通信社=共同)

 【北京共同】香港の著名な評論家で言論界をリードした李怡(り・い、本名李秉尭=り・へいぎょう)氏が5日、病気のため台北市内の病院で死去した。86歳。台湾メディアなどが6日、報じた。

 1970年に香港の政論雑誌『七十年代』を創刊。当初は中国寄りだったが、次第に転向。84年に改称した『九十年代』では民主的な視点から中国の体制や愛国主義を批判した。編集長を28年間務めた。98年の停刊後は対中批判を続け、2021年に廃刊となった蘋果日報(リンゴ日報)の社説などを担当した。

 中国広東省広州市で生まれ、中国建国前の48年に香港に移った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。