卓球日本女子、4大会連続表彰台 世界選手権団体戦

※写真クリックで拡大表示します
女子準々決勝のスロバキア戦でプレーする伊藤美誠=成都(ゲッティ=共同)
女子準々決勝のスロバキア戦でプレーする伊藤美誠=成都(ゲッティ=共同)

 卓球の世界選手権団体戦第7日は6日、中国の成都で行われ、女子の日本は準々決勝でスロバキアを3―0で下した。3位決定戦がないため、4大会連続の表彰台が確定した。

 第1試合は伊藤美誠(スターツ)がエマ・ラボショバに3―0で快勝し、第2試合は早田ひな(日本生命)が3―1で、第3試合も長崎美柚(木下グループ)が3―1で制した。7日の準決勝はドイツと対戦する。

 男子の決勝トーナメント1回戦の残り4試合も行われ、7日の準々決勝で日本はポルトガルと対戦することが決まった。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。