和牛五輪に秋田県からも14頭 鹿児島で開幕、上位入賞狙う

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「第12回全国和牛能力共進会」の開会式に参加する出品者ら=6日午前、鹿児島県霧島市
「第12回全国和牛能力共進会」の開会式に参加する出品者ら=6日午前、鹿児島県霧島市

 日本一の和牛を決める国内最大の品評会「第12回全国和牛能力共進会」が6日、鹿児島県霧島市をメイン会場に開幕した。5年に1度の開催で「和牛のオリンピック」とも呼ばれ、今回は本県を含む41道府県から438頭が出品。最終日の10日に最高賞を選ぶ。

 本県からは種牛の部、肉牛の部に各7頭、計14頭を出品する。県勢は2012年の第10回長崎大会で全国2位(肉牛の部)に入っており、今回も上位入賞を目指す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース