年賀はがき、1枚1枚の大切さ感じながら…秋田中央局に搬入

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
お年玉付き年賀はがきを搬入する秋田中央郵便局の局員
お年玉付き年賀はがきを搬入する秋田中央郵便局の局員

 2023年用のお年玉付き年賀はがきが7日、秋田市保戸野の秋田中央郵便局(保浦秀敏局長)に搬入され、職員約20人が運び入れた。全国の郵便局で11月1日から販売する。配達の受け付けは12月15日から。

 この日搬入したのは、無地のもの(1枚63円)や、来年のえとであるウサギのイラストが描かれたもの(1枚68円)など6種類。トラックが到着すると、職員が荷台の段ボールを1箱ずつ局内に運び込み、種類別に仕分けた。はがきは月内に秋田市や男鹿市など中部地区管内の71郵便局へ届けられる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース