日興証券、3カ月業務停止命令 三井住友FGに監督責任、金融庁

※写真クリックで拡大表示します
SMBC日興証券の相場操縦事件についてコメントする鈴木金融相=7日午後、金融庁
SMBC日興証券の相場操縦事件についてコメントする鈴木金融相=7日午後、金融庁

 金融庁は7日、SMBC日興証券の相場操縦事件で、同社に金融商品取引法に基づく3カ月の一部業務停止命令と業務改善命令を出した。問題があった取引を止め、内部管理態勢の強化と経営責任の明確化を求めた。親会社の三井住友フィナンシャルグループ(FG)には改善措置命令を出し、子会社の監督を徹底させる。

 金融庁によると、日興は取引所が閉まっている時間帯に大株主から株を買い取り、投資家に転売する「ブロックオファー」と呼ばれる取引で、対象銘柄の株価安定のために不正に買い支えていた。検査した証券取引等監視委員会が先月28日、金融庁に行政処分を出すよう勧告していた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。