南部ヘルソンでも反攻が進展 数十集落を解放と大統領

※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ東部ハリコフ州の村にある破壊された学校。ウクライナが奪還した=5日(ゲッティ=共同)
ウクライナ東部ハリコフ州の村にある破壊された学校。ウクライナが奪還した=5日(ゲッティ=共同)

 【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は6日、今月だけで南部ヘルソン州で500平方キロ以上の占領地を奪還し、数十集落を解放したと表明した。ウクライナ軍は6日、東部ハリコフ州で9月21日以降、ロシアが制圧していた2400平方キロ以上を奪還し、93集落を解放したと発表。ロシアによる一方的な併合にもかかわらず、反攻が進展していると強調した。

 米シンクタンク、戦争研究所は6日、ヘルソン州北東部で後退を強いられたロシア軍は防衛線の再構築を迫られているとみられるとする分析を公表。ロシア側の情報によると、進撃したウクライナ軍も部隊を再編し、攻撃を休止したという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。