石炭鉱害積立金、15億円未使用 採掘事業者権利放棄、検査院調べ

※写真クリックで拡大表示します
会計検査院
会計検査院

 独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が管理する石炭採掘の鉱害賠償積立金について、会計検査院が調べたところ、廃業などで採掘事業者らが権利を放棄した後、長年使われないままになっている積立金が約15億4800万円に上ることが7日、分かった。検査院は機構を所管する資源エネルギー庁に国庫返納などの活用を検討するよう意見を出した。

 検査院や資源エネルギー庁によると、積立金は1960年代に制定された石炭鉱害賠償等臨時措置法に基づくもの。当時各産炭地で起きていた採掘による地盤沈下に備え、採掘権を持つ事業者らが賠償費用の一部を積み立て、特殊法人が管理していた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。