男鹿に来たら「旅先納税」を 返礼は地域利用の電子クーポン

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
旅先納税の導入を発表した男鹿市の菅原市長(中央)ら
旅先納税の導入を発表した男鹿市の菅原市長(中央)ら

 秋田県男鹿市は22日から、旅行者をメインターゲットにしたふるさと納税「旅先納税」を導入する。男鹿市を訪れた際に寄付をすると、返礼品として市内事業所で当日から使える電子クーポンがもらえる仕組み。観光地を中心に全国12市町村で導入されており、東北での導入は初めて。市は観光地の強みを生かして、地域経済活性化につなげたい考え。

 電子クーポンを利用できるのは飲食店、土産物店、観光施設、宿泊施設など25店で、市は今後対象店をさらに増やしていく。

 対象店にあるQRコードを読み込んで納税専用サイトにアクセスする。5千~10万円を寄付すると、返礼品として、寄付額の3割に相当する電子クーポン「おがe街ギフト」が発行される。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース