株式会社サノのサプリメント「てくケア」 機能性表示、健康志向にマッチ

有料会員向け記事

県内企業では数少ない機能性表示食品を開発したサノの佐野社長

 加齢により衰える歩行機能の維持―。秋田市の株式会社サノが8月に発売したサプリメント「てくケア」のパッケージには、大きくこう書かれている。含有する黒ショウガの成分には、歩いたり立ち上がったりする動作を補助する働きが報告されているという。

 こうした表示ができるのはてくケアが「機能性表示食品」だから。県内企業が開発した機能性表示食品はまだまだ少ないが、代表取締役社長の佐野宗孝さん(32)らが同市の県総合食品研究センター(総食研)などと共に2年かけて開発した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース